大磯屋製麺

焼きそばのご購入
業務用のお客様
メールでのお問い合わせ
TEL:0566-41-0476 受付時間/am8:00~pm12:00

こだわりレシピ

大磯屋製麺
TEL:0566-41-0476 受付時間/am8:00~pm12:00 メールでのお問い合わせ


大磯屋焼きそばの美味しい焼き方

1、焼きそばを焼く際の出汁等は極力少なく、具の野菜の水分だけでもOK

富士宮やきそば等の蒸麺は焼き始めに1玉あたり40~80ccの出汁等を使います。
大磯屋焼きそばは、火力、具の量、焼き方にもよりますが、家庭用のホットプレート等の場合は、1玉あたり15cc、業務用鉄板の場合は、30cc程度が目安です。

2、麺を焼く前に、麺を袋のままレンジで温める

温めると麺がほぐれやすくなると共に、フライパンやホットプレートの温度の低下を防げるため麺に焼き目が付きやすくなります。

3、焼き目(焦げ目では無い、焦げ目だと苦みが出る)を付けてからソースで味付ける

焼き目を付ける前にソースを入れると麺が水分を吸ってふやけてしまいます。
そうすると麺に味が乗らないので、美味しさが引き立ちません。

焼き目の目安

4、火力はなるべく強火(焦げ目がつかない様に気をつけながら)

焼き目を付けてソース等を入れる際に、温度をなるべく下げない様に気を付けます。
ソースの水分を高温で一気に飛ばすと、味が染み込み易いです。
温度が低いと水分が蒸発しないので、「焼きそば」ではなく「煮そば」になってしまうので注意してください。

ご家庭でフライパンやホットプレート等を使い、一度にたくさん焼く場合は、肉、野菜等は焼きそば麺と別に焼くと美味しく焼けます。


ページトップへ