大磯屋製麺

焼きそばのご購入
業務用のお客様
メールでのお問い合わせ
TEL:0566-41-0476 受付時間/am8:00~pm12:00

大磯屋のこだわり

大磯屋製麺
TEL:0566-41-0476 受付時間/am8:00~pm12:00 メールでのお問い合わせ


大磯屋独自の製法

厳選した小麦粉

大磯屋で代々受け継がれる厳選小麦粉によるオリジナルブレンド。その粉を使用し、大磯屋焼きそばの独特の食感・風味を出していきます。

ミキシング

オリジナルブレンド小麦粉に練水を加え、ミキシングされた麺塊(生地)を整形ロールに通し麺帯(帯状)にして麺棒に巻いていきます。


麺帯熟成

ここで、一度生地を休ませます。この工程によりグルテンの形成を助け麺のコシ、しなやかさが増していきます。

圧延工程

麺帯熟成された生地を連続機により、徐々に薄くし鍛えます。次の工程で目的とする厚さまで薄く延ばしていきます。


切り出し

薄く鍛えられた麺帯を切り歯により切り出します。「島田掛け機」により「ほせ」に切り出された麺線を掛けていきます。

島田掛け

「ほせ」に掛けられた麺線を木の箱に並べ乾燥熟成を行います。乾麺のひやむぎ、そうめん等で用いられる製法です。


乾燥熟成

島田掛けされた麺線を乾燥室に並べ、乾燥熟成を行います。この工程により、大磯屋焼きそばの独特の風味、食感が生まれます。

乾燥熟成前後

製麺されてすぐの麺と乾燥熟成後の麺です。見た目にもわかる違いが出ます。(左:熟成後 右:熟成前)


茹で上げ

乾燥熟成された麺を大釜で茹で上げます。茹で上げることで独特のもっちり食感の焼きそばになります。

手作業による冷まし

冷水で冷ます製法が一般的ですが、小麦粉の風味を生かす為に焼きそばがくっつかない様に油をまぶし、人の手で冷ましていきます。


手作業による玉取り

愛情込めて作られた焼きそばを人の手で大切に調量していきます。熟練の職人により手早く、大切に扱います。

最終チェック

最後に、金属探知機、ウェイトチェッカーで確認し箱詰めしていきます。こうして大磯屋焼きそばの完成です。




ページトップへ